職員インタビュー

INTERVIEW 01

看護師
K・Y(2011年1月入職)

利用者さんに、
自分らしく生活してもらいたい

中学の頃から理科の生物の科目が好きで、身体の仕組みが書いてある資料をよく読んでいました。職業体験では福祉の施設を選び、そこで働かれている看護師さんの姿がかっこ良かったのをすごく覚えています。高校に入り、進路を考えていく中で、当時のかっこいい看護師さんたちの姿や、母も医療に関わる仕事をしていたことから、「一生ものの仕事」をしようと思い、看護専門学校を受験しました。

生活の場で、どのように過ごしていただくか

やすらぎ福祉会に来た理由は、子育てとの兼ね合いで、夜勤の無い施設を探していたというシンプルな理由ですが、保育園があるので、育休からの復帰もスムーズです。今まで関わらせていただいた終末期ケアのご利用者さんたちのことはずっと忘れません。病院とは違い、生活の場でいかに安楽に過ごしていただくか。ご本人はもちろん、ご家族のお気持ちも汲み取り、その方の人生の最期に携われるというのは本当にやりがいのある仕事だと思います。対人との仕事はしんどいこともたくさんありますが、やすらぎ福祉会は、相談できる仲間、頼りになる上司がいるので安心して働くことができています。


INTERVIEW 02

介護職員
Y・K(2018年4月入職)

”自分”じゃないとダメだと思う

ご利用者さんに、名前で呼んでいただけることが凄く嬉しくて、「もっとこの人とお話ししたい」、「元気でいてもらいたい」と思って仕事も頑張れます。「誰かに名前を呼んでもらえる、覚えてもらえるってこんなに嬉しいことだったんだ」と気づきました。「資格を活かして働きたい!」という思いや、自分のやりたいことを「やりたい!」と言える環境だからこそ自分の成長を感じることができるのだと思います。できることが増えていくのは自分の自信に繋がるしワクワクしながら働けています。

休みの日は仕事を忘れて楽しんでいます

休みの日、家では映画を見て過ごすのが好きです。あとはサッカー観戦をしたり、友達とお酒を飲みに行ったり、同期とご飯へ行くこともしばしばです。仕事を頑張るにはプライベートも充実させないといけないと思っていますので、休みの日は仕事を忘れて思いっきり好きなことをしています。