次世代育成支援について

はじめに

次の世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境をつくるために、次世代育成支援対策推進法に基づき、やすらぎ福祉会では、仕事と子育ての両立を図るために必要な雇用環境の整備等(次世代育成支援対策)を進めるための「一般事業主行動計画」を策定し、兵庫労働局に届出しています。

目標1 : 妊娠中及び出産後の職員の健康管理や相談窓口の設置
対策:
安全衛生委員会において相談窓口のあり方を検討する
相談窓口の設置を周知し、随時実施する
目標2 : 年次有給休暇の取得の促進
対策:
年次有給休暇の取得状況について実態を調査、把握する
朝礼・会議等で取得促進を行う
管理職に職員の取得状況を伝達し、目標未達の職員には取得を促す
目標3 : 若年者に対するインターンシップ等の就業体験機会の提供、トライアル雇用等を通じた雇入れ又は職業訓練の推進
対策:
インターンシップ及びトライアル雇用を積極的に受入れ、常用雇用に努める
両立支援取組みの実績
育児休業等の両立支援制度の周知、育児に配慮した柔軟な勤務体制の充実により、
平成28年度中の育児休業取得者 8名
平成29年度中の復帰予定者 8名(平成29年4月1日現在)
くるみん認定
やすらぎ福祉会は、平成27年4月1日~平成32年3月31日までの「一般事業主行動計画」について、次世代支援対策推進法第13条に基づく「基準適合一般事業主」の認定を受けています。

くるみん